交通の便がいい街の物件の見つけ方を伝授!

リフォームにかかる相場

部屋

築年数によって違いがある

鎌倉市内には築10年以下という築浅の中古一戸建てから、20年・30年と築年数が経っている物件まで、様々な中古一戸建てが販売されています。鎌倉市内で中古一戸建てを購入する場合、リフォームの事についても考えておきましょう。新築であれば誰も住んでいませんし、もちろん設備や内装も全て新しいものです。経年劣化による傷みも無いので、リフォームする必要はありません。しかし、中古一戸建てとなると場合によって、リフォームをする必要も出てきます。必ずしもリフォームが必要という事はありませんが、傷んでいる所を修繕したり、見栄えを良くする為に、リフォームを行う事も考えておきましょう。リフォームのおおよその相場は、築年数によって変わります。例えば、築5年程度の物件であれば、畳の張り替え程度で済むでしょう。築10年・15年となってくると、壁のクロスの傷みや汚れが気になる所です。また、場合によっては外壁塗装のケアも必要となります。鎌倉市でも湘南の海に近いエリアだと、築浅でも潮風で外壁にダメージが出ているケースもあるようです。外壁のリフォームには、約50万円から80万円程度の費用がかかります。20年・30年ともなると、家の様々な箇所を修繕・リフォームする必要が出てきます。築20年の中古一戸建てにかかるリフォームの相場は、約300万円から400万円程度です。築30年では500万円程度の、リフォーム代が必要となります。鎌倉市内で中古一戸建てを購入する際は、築年数によってリフォーム代に違いが出る事を踏まえて、物件を選ぶようにしましょう。